予算をオーバーさせない | 工夫次第で狭小住宅を快適な空間へと変えることができる

工夫次第で狭小住宅を快適な空間へと変えることができる

予算をオーバーさせない

一軒家

関東の駅百選にも選ばれている東久留米は、美しい川や緑に囲まれていて住みやすさ抜群の場所である。新青梅街道もあり、車で出かけるにも便利で都心からもそれほど遠くない。大きな商業施設はないが、駅周辺には地域に根付いた商店がある。都心の賃貸マンション、アパートの賃貸料が7万円が平均であるのに対し、東久留米の平均は5万円と大幅に下がる。一戸建ての販売価格も安くハードルがぐんと下がるので、都心で家を建てるのが無理だった人も手が届くと言われている。一戸建てを建てるとき、描いていた予算をキープしたいのであれば、大手ではなく工務店や建築士に相談すると良い。CMで宣伝してる大手は広告費や紹介費用、人件費などが加算され、予算がオーバーすることもある。

東久留米に流れる川は水質が良く、名水百選にも選ばれている。川の美しさは、その地域の環境にも関係し、家庭で使うお水にも影響している。そんな東久留米で安く一戸建てを建てるなら、必要なものとあったら良いものの境界線をきっちりつけてみると良い。「これがあると便利」と工務店にすすめられても、必要がないと感じたら丁重に断るようにする。窓や屋根、ドアなどデザインを追求すると高くなり、シンプルなデザインを選ぶことで予算を抑えられる。素材を厳選すれば高級感がアップするが、住む上でそれほど必要ではないことに気がつく。そして一戸建て設計中、こだわるところに順位をつけてみるのも良い方法である。優先順位が低いものからどんどんそぎおとしていくと、なくてはならないものが分かってくる。